FC2ブログ

木工職人養成塾・飛騨高山の森林たくみ塾

木工職人としての実践力を身につける森林たくみ塾。たくみ塾生の制作実習や講座の様子、木工に関する情報をお届けします。。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初級・課題制作~

P1170051.jpg

P1170056.jpg P1170059.jpg P1170060.jpg
スポンサーサイト

| 講座 | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初級・課題制作~くるくるスツール

初級課題制作「スツール」

初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」

■作品名
  くるくるスツール

■コンセプト
  木製のボルト/ナッtで座面が上下する遊び心のあるモノ

■用途
  キッチン、ダイニング。サイドテーブルにも。

■見せ所
  ボルト/ナットの部分

■失敗/苦労したところ
  ・ボルト/ナットをつくる治具が完成せず、市販のものを使わざるを得なかった。
  ・円盤の生計をバンドソーとベルトサンダーで行ったが、
   ルーターマシンで成形したほうが早くきれいにできたと思う。

■サイズ
  W320mm×D320mm×SH450~600mm

■樹種
  ナラ、カラマツ、ブナ

■仕上げ
  ソープフィニッシュ

| 講座 | 14:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初級・課題制作~ちっこいスツール

初級課題制作「スツール」

初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」


■作品名
  ちっこいスツール

■コンセプト
  つくりはシンプルだけど、曲げ木によって柔らかく見せる。

■見せ所
  レザー張りの座面と、曲げ木した幕&貫

■失敗/苦労したところ
  ・組立の時にホゾが斜めに入ったせいで、
   木口に割れ目が出てしまった。
  ・曲げ木の部材にホゾをつけるのに苦労した。
  ・座面にレザーを張るのに苦労した。

■サイズ
  W300mm×D300mm×H300mm

■樹種
  タモ

■仕上げ
  オイル塗装

| 制作実習 | 14:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初級・課題制作~耳付ベンチスツール

初級課題制作「スツール」

初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」

■作品名
  耳付ベンチスツール

■コンセプト
  小さいけどエレガント

■見せ所
  座面に角度をつけたところ
  四方転びの脚

■失敗/苦労したところ
  ・ホゾ加工が特に苦労した。
   角度の精度がでずにやり直し、
   2回目はまだうまく行った。
   いい勉強になった。
  ・幕板の上端のV字のカットが難しかった。
  ・通しホゾのクサビの打ち込みに失敗した。
   焦りすぎた。

■サイズ
  W300mm×D600mm×H400mm

■樹種
  サクラ

■仕上げ
  シェラック

| 制作実習 | 13:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初級・課題制作~rectangular stool

初級課題制作「スツール」

初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」


■作品名
  rectangular stool

■コンセプト
  クリーミーな

■用途
  玄関スツール

■見せ所
  坊主面や円柱、脚上部のアールなど、柔らかくすっきりしたフォルム。
  通しホゾのアクセント。

■失敗/苦労したところ
  ・時間の使い方が下手くそだった。
   休日に何度もスタッフの方に出てもらって、ギリギリ出来た感じです。
  ・2枚ホゾの真ん中の溝が若干浅く、組み立ての時すきまが空いてしまった。
  ・地獄ホゾのクサビの嵌め合いを考えるのに苦労した。

■サイズ
  W500mm×D300mm×H450mm×SH370mm

■樹種
  ブナ、ナラ

■仕上げ
  オイル、シェラック

| 講座 | 13:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初級・課題制作~puzzle stool

初級課題制作「スツール」

初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」 初級課題制作「スツール」

■作品名
  puzzle stool

■コンセプト
  組み木のパズルで遊びながら組み立てられる

■用途
  ノックダウン方式で持ち運びやすいため、
  屋外でも使用可。

■見せ所
  解体したら部材が座面に収納できる。

■失敗/苦労したところ
  ・組み木をどのように組み合わせるか
   何回も模型でシュミレーションした。
  ・角ノミ盤でほぞ穴を開けるのが、
   きれいにいかなかった。

■サイズ
  W360mm×D360mm×H370mm

■樹種
  ミズナラ

■仕上げ
  オイル

| 講座 | 12:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初級・課題制作

初の試みですが、初級生が取り組んできた課題作品を随時公開してみようと思います。


■課題「スツールの制作」

■ねらい
  ・「座る」機能の理解
  ・ホゾ組みの理解(仕口の設計~加工方法)
  ・材料の選び方、使い方
  ・制作図面、木取り表を書く
  ・加工工程と制作スケジュールを考える
  ・機械加工

写真ではわかりませんが、細かい所では数々の失敗をしていることと思います。
その失敗が、次にクリアーする課題として設定していくことになります。


この課題では、デザインまでは追求していません。
試行錯誤を繰り返しながらも、みな、自分でデザインをして制作に取り組みました。

ただ、使い手が見えてはいませんから、作り手の自己満足的な要素が大きいですね。
皆さんからの素人目線・使い手目線でのご意見/ご感想もお待ち致します。

| 講座 | 10:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

壁を乗り越える

森林たくみ塾って、木工技術を身に付ける木工塾だと思っていると大間違いです。

木工塾と言うよりは、むしろ修行の場といったほうがイメージが近いでしょう。


つまり、
何かを教えてもらう、あるいはたくみ塾で学べばこの先なんとかなるという受け身ではなく、
自らが掲げた目標に向かって、自ら課題を設定し、自ら乗り越えてゆく場。

自分自身を砥ぎ澄ます場といってもいいでしょう。


それ故に、
目標に向かう強い意志と、体力/精神力が要求されるのが、森林たくみ塾の制作実習。

木工の素人ながら、日々本番の毎日。失敗すれば怒られ、遅れれば残業も。

品質・納期・原価の制約を日々クリアーしてゆくということは、
塾生だけでなく、私たちスタッフも大変なことなのです。



時には、
目の前に立ちはだかる「壁」(本当は自分で設けた壁のはずなのだが)を
乗り越えることができずに、残念ながら脱落してしまうものもいます。

それだけに、
たくみ塾の2年間の木工修行で身に付けたものは、人生の中でかけがえのないもの。
どんなことにも立ち向かって行ける力が身に付くはずです。



よく質問をいただく項目に、

  就職先は斡旋してもらえますか?

  就職率はどれくらいですか?

  どれくらいの力が身に付くのでしょうか?

そんな他力本願で自分の人生を歩むのではなく、
『自分の道は自分で切り拓く』ぐらいの強い意志を持つ若者のための木工塾。

それが森林たくみ塾だと思っています。


今年度の選考会は残すところ2回。
来年度はどんな塾生と逢えるのだろう。

| 制作実習 | 17:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【お知らせ】選考会のご案内

今年度の選考会は日程Ⅴ:2/5(日)と日程Ⅵ:3/4(日)を残すのみとなりました。

2012年度4月生の募集枠は埋まりましたので、
現在は10月生を若干名募集しています。

募集要項の詳細は、≫こちら

森林たくみ塾は、
現場で学ぶ実践教育による、木工職人としての即戦力を身に付けることと、
森づくりへの取り組みを通して、持続可能な社会を見据えた木工職人養成が特徴。

モノづくりを一生の仕事にしてゆこうという強い意志のある
若者のご応募をお待ちしています。

| たくみ塾からのお知らせ | 16:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セミナー終了しました、ありがとうございました。

先週に引き続き、1/20(土)大阪~21(日)東京で、木工転職セミナーを開催してきました。

今回は資料も全てリニューアルし、時間も増やして5時間に。


たくみ塾OBの活躍事例をベースに、仕事としての木工について、
様々な取り組みを紹介してきました。

 ・就職したのち、どうやってスキルアップをしているか。

 ・モノづくりを軸足として、仕事をどう展開できるか。

 ・一人前の職人とは。

などのお話ししてきました。


また、参加者の半数程度の方が独立志向でしたので、

 ・独立に必要なこと

 ・組織立ってモノづくりを行なうことの強み

 ・これからの時代に必要とされるモノづくり

についてもお話しをしてきました。

木工をやる ⇒独立する ⇒木工作家になる

のパターンで木工を捉えている多くの方には、
木工の世界に対する視野が随分と広がったのではないでしょうか。


次回の開催は未定ですが、新年度早々に新たな企画を行うつもりです。
このセミナーをきっかけに、木工の魅力を感じ、木工の可能性を見据え、
ぜひ木工の世界へ踏み出してください。

| たくみ塾からのお知らせ | 13:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。