FC2ブログ

木工職人養成塾・飛騨高山の森林たくみ塾

木工職人としての実践力を身につける森林たくみ塾。たくみ塾生の制作実習や講座の様子、木工に関する情報をお届けします。。

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みなさん、このお盆休みはいかがお過ごしでしたか。

全国的に猛暑続きの夏でしたが、高山ではお盆が過ぎたら一気に秋色めいてきました。
ススキの穂が、さわさわと涼風に揺れています。

敷地の片隅のカツラの木が、何を思ったか既に見事な黄葉を呈し、秋風に舞っています。
水辺を好む樹が乾燥地に植えられているために、水が切れたのでしょうか。
黄葉

萌黄色の春、濃緑の夏、燃える秋、純白の冬。
チャンネルを切り換えるように一瞬にして変化する山々の移り変わりは見事ですね。
ただ体調を崩しやすいのもこの時期です。


黄葉したカツラの葉を撮ろうとカメラを近づけると、甘い香りがします。
落ち葉を手にとってクシャクシャにしてにおいをかぐと、カラメルを焦がしたようなにおいがしました。
スポンサーサイト

| 制作実習 | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

展示会のご案内

皆さん、お盆休みはいかがお過ごしですか。

展示会の案内を頂きましたので、まとめてご紹介します。
この休みにご覧になってもよろしいでしょう。


  会期が今週末までとなっています。
-------------------------------------------------
キタニ リペア コレクション Hans J. Wegner
  日時 2008.7.19sat-8.17sun
  会場 キタニ本社 ふれあいホール
        高山市松倉町2115番地
      Hans J. Wegner



  卒塾生も出品しています。
-------------------------------------------------
■SORA展 2008 SUMMER Vol.7
  日時 2008/8/13(水)~8/29(金)
  会場 遊朴館
        高山市上一之町26
      SORA



  信州・小諸の谷進一郎さんからご案内を頂きました。
-------------------------------------------------
『木の匠たち』展 2008
  日時 2008年8月29日『金』~9月1日(月)
      10時~19時(最終日は17時)
  場所 中町蔵の会館(蔵シック館)
        長野県松本市中央2-9-15
      木の匠たち

| 未分類 | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入塾生募集

8月2日(土)-3日(日)に2日間掛けて、第1回の選考会を行ないました。
選考の結果、今回は3名の方を合格としました。



引き続き、第2回の選考会に向けて入塾願書の受付を始めています。

●森林たくみ塾への入塾を検討される方、まずは資料を請求してください。
  >>コチラから (今年度から送料も含め、資料を無料としました)
 
●森林たくみ塾の見学及び説明会も随時受付をしています。
  まずは、お電話でのご予約をお願いいたします。
    0577-68-2468(森林たくみ塾)

=================================================
第2回選考会

  選考会の日程    10月11日(土)~12日(日)
  入塾願書の受付  10月4日(土)まで
=================================================

詳しくは>>コチラから、森林たくみ塾のWebサイトをご覧ください。

| 未分類 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

残暑見舞い

暑い日が続きますね。

ここ清見では、エアコンを入れずに過ごしていますが、それでも今年の夏は暑いです。

リンゴの収穫時期が早まってきたり、ワイン用のブドウ栽培をより標高の高い土地へ移したり、暑さに強い稲の開発など、新聞には温暖化の影響を匂わせる記事が増えてきましたね。

さて、ここでクイズです。
  大きな池の中に一本のハスが生えています。
  このハスは一日で倍に成長していきます。
  しかし、ハスが池を覆いつくすと、池の中の生き物たちは窒息してしまいます。
  29日目に、ハスが池の半分にまで成長しました。
  さて、このハスが池を覆うまでにあと何日残っているでしょうか。

1972年に出された『成長の限界』(ローマクラブ)という本の中で紹介されたものです。
正解はあと1日。30日目でハスは池を覆いつくしてしまいます。

ハスが増えたなぁ、何とかしないといけないなぁ、と気づいたときにはもう遅いという例えですね。


さて、温暖化の進む地球はいま何日目なのでしょう。誰の目にもはっきりと違いが分かるようになったときには既に手遅れなのかもしれませんね。

『しっている』から『している』へ。私たちにできることを、ひとつづつやっていきたいですね。

| 未分類 | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中級:小抽斗のプレゼンテーション

遅れてUPで申し訳ありません。
=================================================


7月31日(木)

今日の中級の講座は、プレゼンテーションのようです。久しぶりに講座を覗いてみました。

春以降の講座で、抽斗・箱物の構造や仕口などの基本を学んできました。学んだことを身に付けるために制作課題として取り組んできた『小抽斗』の完成プレゼンテーションです。
日中は制作実習を行なっていますので、実習時間後や日曜日の開館日など、自分で時間をつくりながら課題の制作を続けてきました。
小抽斗の制作  小抽斗の制作  小抽斗の制作  

小抽斗の制作  小抽斗の制作


制作実習では取り組んだことのない仕口に挑戦したり、機能性やデザインを追及してみたり、一人ひとり取り組み方が違います。いろんな仕口とデザインの小抽斗が完成しました。
日中の制作実習では品質に妥協が許されませんが、課題は製品としてではなくあくまで習作としての取り組みです。デザインとしてどことなく不恰好なところは否めませんし、仕口の隙間や仕上がりの雑さも目をつむって見てください。
頭で理解するだけではなく、自分の手で作ってカタチにして初めて判ることが大切なようです。
  

| 講座 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木工の基本 販売再開

庄司師範著『木工の基本を学ぶ』ですが、在庫切れのため販売を中止しておりご迷惑をおかけしています。その後発行元との交渉の末、このたびリニューアルして婦人の友社から再出版の運びとなりました。

Webサイトからの注文販売も再開しました。 >>コチラ
代金前払いの場合、1冊のご注文から郵送料サービスにて販売いたします。

=================================================
ここで、これまでの歴史を軽く振り返ってみます。


●今からはや10年前、1998年に出版。
 木工のバイブルとまで称されるようになった当書籍の初版バージョンです。
   婦人生活ベストシリーズ [手づくり木工事典]特別編集
   たくみ塾の木工の基本
    木工の基本を学ぶ

●2002年、内容を増補して出版されました。
   婦人生活ベストシリーズ [手づくり木工事典]特別編集
   増補版 たくみ塾の木工の基本
    木工の基本を学ぶ

●婦人生活社から(株)UEPが版権を買い取り。
  2005年に小学館スクウェアから発売されました。
   新手づくり木工事典
   木工の基本を学ぶ
    木工の基本を学ぶ

●再版を望む多くの声に支えられ、今回婦人の友社から
  発売の運びとなりました。
    木工の基本を学ぶ

発行部数が少なく入手も困難なことから、AmazonのUsedでは高値で出品されているようで驚きです。既にお持ちの方はどの版をお持ちでしょうか。

最新バージョンの中身もお見せいたします。
木工の基本を学ぶ  木工の基本を学ぶ  木工の基本を学ぶ

=================================================
Webサイトからの注文販売も再開しました。 >>コチラ
代金前払いの場合、1冊のご注文から郵送料サービスにて販売いたします。

| 未分類 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。